パフォーマンスアップ3つの法則

パフォーマンスアップ3つの法則 デイヴ・ローガン

中身を読まなくてもわかる本の要約

前書きより

人はなぜ行動を起こすのか?
そして、人を行動させ劇的にパフォーマンスを上げるには、どうすればいいのか?

長年同じ問題に取り組んでいる知り合いなどを思い浮かべてみてほしい。 問題とは、ダイエットやドラッグ、アルコール、恋人や家族との不仲あるいは先細りの会社などである。

彼らはこう言うかもしれない。
「だれかの助けを借りたい」
「今度こそやってみせる」

だが、彼らの行動は結局のところ、反復にすぎない。

どうして改善できないのか。
それは、繰り返しその問題と闘い続けるのが、彼らの未来だからだ。
ときには成功し、ときには失敗する。だが、常に闘っている。

改善しようといくらがんばったって、関連本を読み漁ったって、彼らの「設定された未来」では、先が見えている。
そこにパフォーマンスアップの鍵はない。 従って必要なのはさらなる改善や問題に対する解決策の提示ではない。

本書は、こういった人に行動を起こさせパフォーマンスを劇的に上げるための状況を作る本である。

引用元:出版元HP